批判の作法、津田大介「表現の不自由展・その後」と細川侑也プロの炎上から考える

あいちトリエンナーレ2019の企画展『表現の不自由・その後』が中止に追い込まれ、名古屋市長や愛知県知事も巻き込んだきな臭い雰囲気を醸してきたが、マジック界隈でも批評家にはちょっと無視できないプチ炎上事件が起きていた。

グーグル検索は危険だ、ウェブの偏った情報を泳ぐ上級者向け検索テクニック

Google 検索は危険だ。 ウェブの情報は真偽不明で、正確にはその情報の信憑性を担保する責任ある主体が明示されてなく、一見親切そうにみえても実は広告だったり企業案件だったりフェイクニュースや偏向記事だったりする。

剣神社、批評の基本的な知性を霊域論から考える

前回の記事では、霊域が自然と人間の力線が交わる特殊な場であり、近代以降、懐古趣味的なロマンティシズムに覆われた自然と人間の関係を問いなおすあたらしい概念だと、新熊野神社という観阿弥・世阿弥とゆかりある神社を例に書いた。

新熊野神社、自然と人間の関係性を問いなおす霊域論

自然と人間、とりわけ、近代社会以降の人間はその科学技術のちからで以て自然と対立する――。 と、学校教育と受験勉強、あるいは宮崎駿のジブリアニメで無批判に学ぶが、表層的にはただしく、本質的には誤った考えだ。

スティーブ・ジョブズと創造性の狂気説【御供養記事】

この記事は、2014年3月19日に当時運営していたブログで掲載した文章のリライト版だ。今でも読む価値のあるものをドメイン処分の時期がきたので移動している。

Copyright 2019 Fuel Themes. All RIGHTS RESERVED.