罵り合いの構造、R-指定と呂布カルマの名勝負を文学的に読み解く

誰かが猛烈に怒鳴られていたり、しょうもない言い合いをしている様子というのは、じつに面白い見世物です。ただ、自分が怒鳴られたり、言い争いに巻き込まれるとなると、事態は一転、憂鬱で腹立たしいものに変わってしまうのではないでしょうか。

現役コンビニ店員で非正規雇用の僕が新型コロナウイルス禍で想うこと

どうも、某コンビニの深夜アルバイターとして絶賛ワーキングプア中の僕です。 昨今の新型コロナ禍でいろいろな職のひとたちの生活状況が激変しているのだけど、コンビニ店員やフリーターはやはり社会的地位が低かったりイメージが悪かったりするせいかその実情が当事者視点で語られることがほとんどないように思う。

ヒロイン依存の疑似RPG、『ファイナルファンタジー7 リメイク』批評的感想

最近、日本の国産デジタルゲームの世界的躍進が目覚ましい。 昨年最も評価された作品『Sekiro: Shadow Dies Twice』や『デス・ストランディング』にはじまり、今の新型コロナ禍による外出禁止もあってか『あつまれ どうぶつの森』や『バイオハザード RE3』、そして『ファイナルファンタジー7 リメイク』(以下、『FF7R』と略記)の情報を海外のゲームメディアが日夜熱心に発信している印象を受ける。

記憶の遍在と愛の痛み、掌編小説「時空の錨は噛む」作者解説

先日 note で公開した拙作「時空の錨は噛む」の作者解題を試みる。   ※現在、1週間の無料公開期間を過ぎたため、作品は冒頭を除き有料記事に移行しました。今後も同じやり方で作品を発表するのでマメに僕の twitter をチェックして頂けると幸いです。

掌編小説「時空の錨は噛む」

【あらすじ】 大気中の二酸化炭素濃度の上昇により自然環境が激変し、富める者はドームで暮らし、そうでないものは外の旧市街での生活を余儀なくされた世界。主人公のツカサはレジスタンスのメンバーとして時間遡行装置を用いたバイオテロの実行を命じられた――。

Copyright 2019 Fuel Themes. All RIGHTS RESERVED.