文学好きに勧める、MTGの世界観とその掌編小説の魅力

Magic: The Gathering が世界中の現存するゲームのなかでもっとも複雑で、おそらくは唯一必勝法が計算不可能なものと科学的に認められたらしい。

批評論・翻訳された詩や小説の批評はいかにして可能か?

賢明なあなたならご存知のとおり、日本では批評はなにかと物騒なものとして受け取られるため、批評自体への批判――端的にいえば無垢なひとびとによる言論封殺の壁にぶちあたる。 経験上、いちばん多い批判はみんな違ってみんな良い論だろうか。

地域限定のセブンズボス微糖7本を格付けしてみた・ワープア美食批評

はいッ、どうも、ワーブア系美食家のぴゅくむくですッ! はじまりましたね、マジック・ザ・ギャザリングの灯争大戦。 俺もひつじやちゃんの影響で最近MTGアリーナをはじめてみたんやけど、普段アタマを使っていないせいか知恵熱を起こして寝込んでしまったので息抜きにこんなんやってみました。

マジック歴2ヶ月の批評家がMTGアリーナの魅力を語る

Magic: The Gathering を知っているだろうか。 去年、ポケモンカードを YouTuber らがこぞって採りあげて全国のカードショップやメルカリで価格が高騰したことが記憶に新しいが、1993年に発売開始のマジックは世界初のTCG(トレーディング・カードゲーム)としてポケカやデュエルマスターズ、ハースストーン、シャドウバースの祖にあたる。

批評論・RDR2の国内レビューから批評の使い方を解き明かす

事故も虐殺も瞬きの間に脳内を過ぎ去ってゆく。 歴史の終わりが語られて久しいが、実際には僕たちの物語る能力を現実が超えはじめたのだろう――グローバル化とも、情報化とも、加速化ともいえるが、詳細はこの記事ではふれない。