オタクの正体、オタク文化の終わりにぼっちの俺が本気出して考えてみた

――背中痛いから 今日モウ 帰ってイイ? 三十路でおない年のスリランカ人留学生にそう聞かれたとき、僕は思わずウッと唸り、彼の暗褐色の頬を殴りつけようとする右腕を慌てて抱えこんだ。 ――腰じゃなくて、背中? 僕はそうひとりごちた。

脇役たちの生き様が輝く秀作、海外ドラマ『コロニー』批評的感想

子どもの頃の悪夢の切れ端がいまでも視界に映りこむように、何気なく観た映画のワンカットがあたまの片隅から離れなくなることはたぶん珍しいことじゃない。 ウイルスのように、数年間の潜伏のあとに僕の瞳を住処としだすのは日頃の行いが悪いからじゃない。 最近悩まされるのは、マッツ・ミケルセンの頬だ。それも、フェドラ帽で表情が隠れ、鳥肌のようにぶつぶつと脂汗が浮かんだ左の頬。たぶん、車の中だったはずだ。

京都の眼・キレイと汚いの感覚と雑食動物のジレンマ

キレイと汚いの感覚は、雑食動物の私たちには奇妙に根深い知性のデザインだ。

なぜ、日本人はコーヒーに砂糖を入れないのか? 日本限定デロンギ製品からのエスプレッソ文化論

1. カフェ・ジャポーネ 2016年現在、日本の喫茶文化にはスターバックスやタリーズといったエスプレッソを提供するカフェが日常にありふれたものとなった。さらに2015年、清澄白河にオープンしたブルーボトルコーヒー1号店を筆頭とした「サードウェーブ系」と呼ばれる新たなスタイルのカフェも続々と現れているが、こうした店でもエスプレッソドリンクを提供する場合が少なくない。

クリプティッドの末裔・文田川先生の小説創作教室

    クリプティッドの末裔 文田川先生の小説創作教室       【動画】所瀬町 小説創作教室 講師紹介 – 文田川萬次郎先生 第0回 『生活の言葉、小説の言葉』