東京スカイツリー、再帰性を高める都市と「伝統」の好例

現在、[p2p type=”post_tag” value=”tokyo”]東京[/p2p]を中心にして再開発が進んでいます。 そこでの大きな特徴として「再帰性」(reflexivity)ということが挙げられます。 「再帰性」とは、[p2p type=”post_tag” value=”anthony-giddens”]アンソニー・ギデンズ[/p2p]をはじめとして、後期近代社会を特徴付ける概念の一つです。その特徴は、「自己モニタリング」のように、自己を見つめかえす(かえされる)ことで、自分を価値やイメージなどの環境に適応させていこうとする性向です。つまり、自己とイメージの重ね合わせです。 さて、そのような現象は都市にも現れています。具体的には自己と「伝統」の重ね合わせです。リンクは「東京スカイツリー」のHPで、そのコンセプトが書かれているページです。以下、引用です。

日本の大学教育はなぜ腐敗し、抜本的改革が必要なのか?

現在、日本政府の大学改革の動きが一部世論のヒステリックな視線を集める状態が続いています。数日前も、Global型からLocal型への転換を検討する文科省の有識者会議の資料が炎上気味に話題になりました。今年8月からは、国立大学における人文社会系学科の解体の噂も継続的に飛び交っています。

グルメ批評と情報評価の難しさとは何か?

現代の日本では、何事に対しても批評という行為が公の言論空間から抹殺されていますので、幼児的な自己中心性を否定し、俯瞰的な「神」の視点を打ちたて、そのもとで自身を規律化し、固有の自己として、個人として、自由と責任を負いうる主体として、動物から人間に成熟するという知性の構成原理と価値判断の限界を論じることにはある種の徒労感を覚えます。しかし、小保方問題でだれもがわかったように、価値判断を敢えてしないという競争戦略は、個としても、組織としても、日本経済のようにかならず破綻します。

思想や芸術の「深み」とは何か?

思想や芸術、料理や格言、ひとの人格にも、私たちは時として「深みがある」と肯定的に評し、また、浅い、軽薄だと否定的に評します。しかし、この場合の物事の深浅とは、そもそも一体何にもとづいた価値基準なのでしょうか?

今日の「食」問題、現代人は何故ソイレントを欲するのか?

Soylent ソイレントは、代替食品の一つ。生存に必要な栄養素が粉末になっており、これを水に溶かして飲む。味はほんのり甘い。アメリカ人のロブ・ラインハートによって、2013年に作られた。

Copyright 2019 Fuel Themes. All RIGHTS RESERVED.