なゆた創
7 Articles0 Comments

現代詩人、コーヒー愛好家、ドリップマン。

バリスタ殺しと職人の未来、世界初のゲイシャ種コーヒー専門店の分析・後編

率直に言おう。 私が GESHARY COFFEE に注目した理由に “ゲイシャ種コーヒー専門店” であることは関係がない。むしろ、この店の持つ最大のアドバンテージと勝算はコーヒーマシンにある。

Geshary Coffee の巧みな賭け、世界最初のゲイシャ種コーヒー専門店の分析

消費税 10%および軽減税率の導入により飲食店でのイートイン需要が冷え込むなか、国民総所得(GNI)は上昇しているにも関わらず、労働者の手取りにはほぼ反映されていないのが実態だろう。

なぜ、日本人はコーヒーに砂糖を入れないのか? 日本限定デロンギ製品からのエスプレッソ文化論

1. カフェ・ジャポーネ 2016年現在、日本の喫茶文化にはスターバックスやタリーズといったエスプレッソを提供するカフェが日常にありふれたものとなった。さらに2015年、清澄白河にオープンしたブルーボトルコーヒー1号店を筆頭とした「サードウェーブ系」と呼ばれる新たなスタイルのカフェも続々と現れているが、こうした店でもエスプレッソドリンクを提供する場合が少なくない。

NORANEKO散文詩 No.03 「腐水に浸る、追憶の水掻き。」

腐水に浸る、追憶の水掻き。  指の間に間に水掻きの膜を見つけたとき、わたしのなかのさかなたちがさわぎだしたの。月の光が明るすぎて青ざめたリビングの床に、季節はずれの金魚の風鈴が鬼灯色の像を落として、ちりちりと鳴って。

現代詩人が斬る、清澄白河サードウェーブ系コーヒーツアー

1.サードウェーブってなによ   「サードウェーブ」とは、アメリカにおけるコーヒー文化史のなかで「第3の流行」として位置付けられる事象である。主にカリフォルニア州などの西海岸エリアで発達した。この辺の歴史的流れはこちらで簡単に読めるので省略し、サードウェーブの定義について、わたしなりの理解のもと説明する。

Copyright 2019 Fuel Themes. All RIGHTS RESERVED.