批評論・翻訳された詩や小説の批評はいかにして可能か?

賢明なあなたならご存知のとおり、日本では批評はなにかと物騒なものとして受け取られるため、批評自体への批判――端的にいえば無垢なひとびとによる言論封殺の壁にぶちあたる。 経験上、いちばん多い批判はみんな違ってみんな良い論だろうか。