思想や芸術の「深み」とは何か?

思想や芸術、料理や格言、ひとの人格にも、私たちは時として「深みがある」と肯定的に評し、また、浅い、軽薄だと否定的に評します。しかし、この場合の物事の深浅とは、そもそも一体何にもとづいた価値基準なのでしょうか?

現代フランスを代表する哲学者[p2p type=”post_tag” value=”michel-serres”]ミシェル・セール[/p2p]の著作を読みながら人類の思想史を批判的に検討する研究会で、2003年の著作『白熱するもの』を読みながら、ワインや納豆などの発酵食品の美味しさから、[p2p type=”post_tag” value=”marcel-proust”]マルセル・プルースト[/p2p]の文体、[p2p type=”post_tag” value=”monty-python”]モンティ・パイソン[/p2p]の狂気、[p2p type=”post_tag” value=”steve-jobs”]スティーブ・ジョブズ[/p2p]の革新、ブランドの起源、[p2p type=”post_tag” value=”autism”]自閉症者[/p2p]の世界、大乗仏教と古代中国の製紙技術の関係と縦横無尽に語り尽くしていきます。

今回も無料ダウンロードできますので、大学の研究室や退屈な講義では聴くことのできない知的遊戯をお好きなときにお楽しみください。

 


Summary
Article Name
思想や芸術の「深み」とは何か?
Description
ミシェル・セールの著作を読みながら思想史を検討する研究会で、思想や芸術の「深み」について、ワインや納豆などの発酵食品の美味しさから、モンティ・パイソンの狂気、プルーストの文体、ジョブズの革新、ブランドの起源、自閉症者の世界、大乗仏教と古代中国の製紙技術の関係と語り尽くします。
Author
羊谷知嘉

About 羊谷知嘉 Chika Hitujiya

view all posts

Futurist ... "Engineerism" "Run! Mizumushi-Kun"